FC2ブログ


旅行 大好き(・-・*)



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
日本とNZのワーキングホリデー制度



John Deere Shop Manual: Models 50, 60, 70 (Non-Diesel)
ワーキングホリデー制度がNZと日本の間で開始されたのは1985年のことだ。
若者を対象に、国際的視野を広めてもらおう、二カ国間の相互理解を深め、友好関係を築こうという制度である。まずは各大使館にワーキングホリデービザを申請して、長期旅行へ出かける。滞在費を補う程度の就業が認められていること、1年間の長期滞在が可能なことが主な特徴だろう。
オーストラリア、ニュージーランド、カナダの三カ国に加え、現在では韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、シンガポールと、日本の若者はパスポートがあれば、10カ国で1年はみっちりとその国を経験することが可能になった。

日本が最初にワーキングホリデー制度を開始した国はオーストラリアだった。


お買い物は楽天で^^


ニュージーランドはそれから5年遅れで制度が始まった。あれから20年以上の年月が流れ、いまや『ワーキングホリデー産業』もすっかりできあがった感がある。
バックパッカーズ旅行ができないタイプの旅行者には、パッケージワーホリも可能だ。日本から円で、旅のシナリオをほとんど買ってしまえるというわけだ。そこまでしなくても、到着後でも、市内を歩けばエージェンシーと呼ばれる、ワーキングホリデー代理店なるものが複数存在する。事務所内では、荷物預かりから、携帯電話のレンタル、無料英語学校紹介斡旋、下宿先を探す、至れり尽くせりのサービスがある。
身一つでワーホリ旅行者が初めてオークランドシティに降り立ったとして、それほどの不便もないだろう...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




スポンサーサイト

未分類 CM (0) TB (0) top↑
<< BACK | TopPage | NEXT >>
comments


top↑
Post a Comment
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back


top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。