FC2ブログ


旅行 大好き(・-・*)



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
日本一の炭酸泉再び宣言 大分・長湯温泉「総合力で評価」



Bram Stoker's Dracula
 「日本一の炭酸泉」の看板を取り下げていた長湯温泉(大分県竹田市)の旅館経営者らが7日、再び「日本一」を宣言した。県の自粛指導を受け、5月に看板を下ろしてから半年余り。独自調査を重ねて「お湯に含まれる二酸化炭素の濃度だけでなく、温度や湧出(ゆうしゅつ)量を総合すれば日本一だ」と主張している。

 宣言したのは旅館経営者や周辺住民らが4日に結成した長湯温泉協会(首藤勝次会長)。

 長湯温泉は1987年に入浴剤を製造する「花王」から「日本に例をみない」との評価を受けて「日本一」をアピール。


お買い物は楽天で^^


しかし温泉愛好家が「いくつかの施設は炭酸泉の基準を満たしていない」と指摘、県も景品表示法違反の疑いがあるとした。

 長湯温泉側は全国の炭酸泉55カ所を電話などで調査。(1)湧出量は突出している(2)源泉温度は30‐51度と理想的‐などを根拠に「日本一」と結論付けた。

 首藤会長は「自らの手で調べて再び日本一を宣言できた」と自信を示した。ただ、県は「まだ日本一を裏付ける合理的な根拠とはいえない」としている。

=2007/12/08付 西日本新聞朝刊=
(引用 yahooニュース)




スポンサーサイト

未分類 CM (0) TB (0) top↑
<< BACK | TopPage | NEXT >>
comments


top↑
Post a Comment
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back


top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。