FC2ブログ


旅行 大好き(・-・*)



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
4件追加、県内66件に 登録有形文化財答申



Vagabonding: An Uncommon Guide to the Art of Long-Term World Travel
 【三重県】国の文化審議会は7日、津市久居本町の「油正(あぶしょう)ホール」など4件を登録有形文化財に新たに登録するよう文部科学大臣に答申した。今回の4件を含め、県内の登録有形文化財は66件となる。

 県教育委員会によると、新たに登録されるのは「油正ホール」のほか、津市芸濃町の「角屋旅館本館」、菰野町菰野の「旅館寿亭水雲閣」、大台町佐原の「旧伊良子清白家住宅」の主屋兼診療所。

 酒造会社の油正が所有する「油正ホール」は江戸末期に建築された2階建ての土蔵。


お買い物は楽天で^^


もとは酒の醸造のための米蔵、精米所だった。2004年に改修され、コンサートなどに使うホールとして活用されている。

 「角屋旅館本館」も江戸末期の建築。揚げ戸や出格子などが旧伊勢別街道の旅籠(はたご)のたたずまいを今に伝えている。

 「旅館寿亭水雲閣」は、湯之山温泉にある明治初期創業の旅館寿亭の別棟として1929(昭和4)年に建設。近代の旅館建築の傾向を色濃く残している。

 「旧伊良子清白家住宅」は、詩人の伊良子清白が22(大正11)年から45(昭和20)年まで医師として居住。木造2階建てで、地方の小規模な住宅併用の診療所建築の好事例とされている。80(昭和55)年に大台町に移築され、個人所有となっている。

 (浅井俊典)
(引用 yahooニュース)




スポンサーサイト

未分類 CM (0) TB (0) top↑
<< BACK | TopPage | NEXT >>
comments


top↑
Post a Comment
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back


top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。