FC2ブログ


旅行 大好き(・-・*)



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 top↑
府議互助会:長年公費から、昨年度は1500万円 今年5月から全額私費に /京都



カネボウ鉄舟コレクションMラインシリーズパウダーブラシ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071208-00000270-mailo-l26
 府議同士の懇親会や野球大会、旅行などを行う親睦団体「議員互助会」運営費の大部分が長年、公費の政務調査費や会派運営費から支出されていたことが7日、分かった。昨年度は約8割に当たる約1500万円を公費から支出。少なくとも80年ごろから続く慣習といい、府議会各会派は「時代が変わり、もう府民の理解は得られない」として今年5月から全額私費に改めた。
 府議会によると、昨年度の運営費は計約1800万円。世界遺産視察旅行(北海道)や都道府県議会の野球大会(熊本県)、人間ドック補助などの福利厚生事業に約900万円▽議員同士が飲食付きの意見交換会を行う議員交流事業に約800万円を支出した。


お買い物は楽天で^^



 府議は1人月額約2万5000円を互助会費として支払うことになっているが、うち同2万円が公費だった。自民、民主、公明、新政は政調費と会派運営費から1万ずつ、共産は会派運営費から2万円を充てていた。
 府議には、1人当たり1カ月に政調費50万円、会派運営費9万円が支給されている。府監査委員は先月、昨年度政調費の約2割の約7500万円を、目的外支出として府への返還を勧告。互助会費分約600万円についても、「議会内親睦団体への支出は目的外」と指摘している。
 各会派代表者がそろった会見で、議会運営委員長の多賀久雄府議(自民)は、「他会派議員との意見交換ができる議員交流は政務調査の一環で、旅行や野球は民間企業でも会社負担がある福利厚生と認識しており、瑕疵(かし)はないと思っている...

ニュースの続きを読む




スポンサーサイト

未分類 CM (0) TB (0) top↑
<< BACK | TopPage | NEXT >>
comments


top↑
Post a Comment
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back


top↑
| TopPage |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。